代表挨拶

コーチ・森田市郎

名前:森田 市郎(もりた いちろう)

生年月日:1989年7月11日

出身地:愛知県

学歴:天理教大学

職業:ライフコーチ、セミナー講師、講演家、話し方の学校講師、天理教会講師

天理教会の教会長である父の家庭から、5人兄弟の長男として生まれ、天理教後継者として育つ。幼いころから、「天理教の後継者」という肩書きにコンプレックスをもちながら過ごしていたが、23歳の夏にとある転機が訪れる。自分のミッションに気付いたことで「自分として生まれてきてよかった」と実感し、生き方や人生観が変わる。現在は、宗教や宗教有無の垣根を越え、セミナー講師、講演家、学校講師、コーチとして全国で活動中。

※私は特定の信仰をしていますが、ライフコーチングやセミナー活動では宗教のことはお伝えしません。私の生き方・考え方は天理の教えがベースになっています。

講演家,アウトプット

森田市郎のヒストリー

「人のために生きる」環境で育った私

「人のために生きなさい。社会のために生きなさい」

幼い頃から父親をはじめ、周りの大人たちからそう教えられてきました。

天理教の会長をしている父は当時、とても厳しい人でした。

そんな父に反抗できなかった私は

「人のために生きること、社会のために生きることは、素晴らしいことなんだ」

と自分に言い聞かせるように、ただその言葉を言葉として受け止めていました。

でもその言葉に心はなく、借り物の言葉として預かっているような感覚。

「人のために生きるってなんだろう」

「僕は教会を継ぐためだけに生まれてきたのか」

「自分はやりたいことができないのか」

そんな疑問も抱えながら、敷かれたレールのまま、大学を卒業しました。

人生の転機~親友の自殺未遂~

そんな私にある転機が訪れます。

23歳の夏

当時の私は、大学を卒業後そのまま関西に残り、教育関連のボランティアをしていました。

そこで、ある出来事がありました。

 

「市郎、死にたいわ」

 

学生時代いつも一緒に過ごしてきた、いろいろなボランティア活動を一緒にしてきた親友が、心を病んでしまったのです。

いつも明るく前向きだった彼が、こんなにも小さく、弱々しくなってしまった。

彼が、長年人間関係で悩んでいたことを、私は知りませんでした。

この出来事に、天からのメッセージを感じずにはいられませんでした。

そして、本気で人の心の助かりを祈ることを知りました。

「なんとか助かってもらいたい、この人の力になりたい。」

そう心から願い、神様にも祈りながら、何度も彼にアプローチをしました。

しかし、彼の状態はなかなか良くならず、

3ヶ月間、毎日のように死にたいという連絡がきました。

ある日の夜、車を運転している時のことでした。

その日もいつものように、死にたいという連絡がきました。

「またかよ」心のどこかでそう感じていたものの、

でもいつもの雰囲気とは違う、どこか覚悟のような気配を感じたのです。

こちらから電話をするも、電源が切られている。

そのまま山道に続く道路橋を走っていたときに、ありえない光景を目にしました。

その道路橋は地上20メートルほどの高さにあり、その下は国道が走っています。

その橋の歩道沿いの柵に立っている人がいたのです。

そしてそれがその親友だと気づいたときには血の気が引きました。

驚かしてしまうと落ちる可能性がある。

10mほど離れた所に車を止めて、ゆっくり、静かに、急いで、彼の元に駆けつけました。

そして服を持って引きずりおろし、気づいたら泣きながら彼を殴っていました。

彼は放心状態で、自分が何をしているのかもわかっておらず、半ば、意識がないような状態。

事故的な状況として落ちてしまいかねない状況でした。

あと数分、あの道を通るのが遅くなったらと思うと、本当に恐ろしい気持ちになります。

その事実と共時性を受けて、人の力になりたいと心の底から思った瞬間でした。

そしてその時に、

【人の心と人生をサポートする生き方をする】

それこそが自分の人生のミッション・志であり、魂の喜びなんだと強烈に感じました。

そして、

「人のために生きなさい」

という父の言葉が、ぐーっと、心の中から湧き上がり、

自分の心が追いついたとき、

初めて、

『 自分として生まれてこれて良かった 』

と感じることができました。

この体験が、

本当の意味で僕の心が助かった出来事として、

立志体験として、

いつも心にあります。

『これからの人生は、人の心と人生をサポートする生き方をする』そのために命を使う。

そこから僕は心理と真理を学びだしました。

おかげさまで、その後彼は徐々に回復し、今ではすっかり元気になりました。

鴨頭嘉人さんとの出会い

「多くの人に思いを届けられるよう、スピーカーとしての生き方を目指そう」

と思い始めた24歳の時にYouTubeを通して鴨頭嘉人さんに出逢います。

涙が出ました、悔しくて。

こんなにも人の心を動かすスピーカーがいることに、自分自身が到底まだまだ追いつけないことに。

だからこそ僕は「鴨さんの元で学び、本物のスピーカーになる」と決めました。

そして3年前の冬、話し方の学校東京校に入学しました。

そこで鴨さんから学んだことは

『スピーチを学ぶことは、人生を学ぶこと』

だということ。

そして鴨さんの元で学び、人生のビジョンが明確になったため、加速度的に人生が変化しました。

現在は、より多くの人の心と人生をサポートしていくために、

2018年4月からライフコーチ・セミナー講師として独立させていただきました。

そして有り難くも、2018年10月からは、話し方の学校の認定講師をさせていただくことになりました。

これから、より一層

天理の役割、講師業、ライフコーチ、全ての役割を通して、

あなたという人の価値を、

伝えていく生き方をしていきます。

私の人生のミッション【パワーパーソンとして生きること】

私の人生のミッションは

【パワーパーソンとして生きること】

です。

パワーパーソンとは、

パワースポットのように生きるエネルギー(安心・勇気・癒しなど)を与える人のこと。

そして、

自分の人生のミッションを見つけることで

『自分として生まれてきて良かった』

と感じられる人を一人でも多く増やすことです。

僕が助けてもらったように。

だからこそ、全ての経験には価値がある、そしてあなたには価値がある。

そう信じて、伝え続けていきます。

まだまだ未熟者ですが、全ての出来事に感謝して、謙虚に努力し続けます。