プロコーチが教えるコスト0円の最強の営業方法【パワーパーソンビジネス心理学】

今回は、1円もコストがかからない、最高の営業方法をご紹介します。

早速、結論から話しますね。それは「笑顔」です。

一流のビジネスパーソンは、本当に素敵な「笑顔」をする人が多くいます。実際に私が20歳の頃からお世話になっている外資系のトップセールスの営業マンは常に笑顔を意識するために鏡を持ち歩いているそうです。それは、常にお客様や仕事先の相手に、最高の笑顔を届けたいという気持ちから。

「笑顔」は営業やビジネスでも絶大な効果を発揮します。今回は、笑顔の効果と笑顔の方法についてお話をしたいと思います。

人は無意識に笑顔の人へ近づきたくなる

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローが「人間の動機付けに関する理論」の中で提唱した、「マズローの5段階欲求」というものがあります。この5段階の欲求というのは、人間が本質的に求めている欲求と言われており、下のように5つの段階になっています。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 承認の欲求
  5. 自己実現の欲求

一番下の下層が生理的な欲求として言われており、欲求度が高くなっています。そして、人は一番下の欲求が満たされると、上の層の欲求を求めると言われています。

下から2番目の層に「安心・安全の欲求」というものがあります。これは、「安心・安全に過ごしたい、危機を回避したい」という人間の欲求です。そのため、私たちは笑顔の人には無意識に近づいていく傾向があります。

笑顔の人の周りには、人が集まってくるというのは、このことからも言えます。逆に、いつもしかめっ面な人には、「危機を回避したい」という欲求がでるので私たちは離れたくなるんですね。

広告のデザイン、チラシで一番人の関心を引き付けるものは「人の笑顔」だった

僕が昔読んだ本に、このような事が書いてありました。とある調査でチラシ・DM・ウェブサイト・SNSで読み手の興味と関心を引くために最も適したものは何かというものを調べたそうです。

調査の結果分かったことは、風景や食べ物、動物の写真ではなく「人の笑顔」がダントツに人の目を引き付けるということが分かりました。

総合人材サービスの会社パーソルキャリアが「はたらいて笑おう」というキャッチコピーをもとにCM・広告を打ち出しています。

 はたらいて笑おう

 はたらいて笑おう

出典:https://www.persol-group.co.jp/news/20170322_789/index.html

2人のモデルさん(左:Apple共同創設者、スティーブ・ウォズニアック氏/右:85歳カリスマモデル、カルメン・デロリフィチェ氏)の笑顔が、広告の半分以上を占めています。とっても印象的な広告ですね。駅構内でこの広告を見ると、こちらまで笑顔になり、記憶に残ります。

そのくらい、人の笑顔というのは私たちの脳に印象付けやすくなります。

客家の実業家マイケルウォン氏「笑顔は最良の戦略である」

甘粕正の著書「客家 大富豪の教え」にマイケル・ウォン氏の笑顔の話がつづられています。

笑顔はコストゼロの最良戦略

いつも自分はハッピーだと考えよう

笑う門には福来る。だからいつもニコニコしている人が金持ちになる。

笑顔は、一円のコストもかからない最良の戦略なのである。

逆に、自分の感情をコントロールできない人は金持ちにはなれない。

1日の怒りを忍んで、100日の憂いを免れるのだ。

出典:客家(はっか)大富豪の教え: 「18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法

いつも自分をハッピーなんだと考え、人には笑顔を心がけるべきである。笑顔によって、自分の周りに幸せな人たちが集まる。幸せな人々同士はお互いの幸せを加速度的に増幅させていく。と、記されています。本当に、パワーパーソンですね。

まとめ

最後に、マイケル・ウォン氏の名言にこのような言葉があります。

他人から幸せを運ぶ人間だと思われることが、最高のマーケティングだ

マイケル・ウォン氏は、人々があなたが来るのを心待ちにするように、常に笑顔を心がけよう。と話しています。

笑顔は、人に幸せを与えるもの。ビジネスを成功させるには、「笑顔」が必須であることが分かりますね。笑顔は、誰でもが作ることができる0円の成功戦略です。ぜひ笑顔を心がけてビジネスを成功に導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です